インスタグラム|投稿できない問題を優しく解決!

写真をリアルタイムに投稿することで世界中の人と繋がることができるインスタグラム。

今や知らない人はいないSNSアプリとなりました。

しかし今、自分のアカウントからインスタグラムへ投稿が出来ないという問題が続出!

今回はその問題に対する解決策をまとめさせていただきます。

 

【スポンサードリンク】

 

〈インスタグラム投稿できない理由!〉

自分のアカウントから操作しているにもかかわらずインスタグラムで投稿できない!

そんな時は次のことが理由としてあげられます。

 

・インスタグラムのバージョンが最新になっていない。

アプリのバージョンが古いとアプリに不具合が生じることがあります。

バージョンが更新されたら随時アップデートして最新の状態にしておきましょう。

アプリをアップデートするには、AppStoreからインスタグラムを最新バージョンにアップデートします。

 

・インスタグラム内で「データ使用量を軽減」が選択されている。

ネットのデータ通信料を抑えるために設定できる機能ですが、

設定していると画像や動画を更新する際に問題が生じることがあります。

確認する場合は、プロフィールページから設定に入ります。

そして「携帯ネットワークデータの使用」を選択。

すると「データ通信料を軽減」と出てくるのでOFFになっていることを確認しましょう。

 

・インスタグラムを再インストールする

アプリを再度インストールすると問題がなかったかのように通常通りに使えるようになることも多々あります。

再度インストールするためには、1度アプリを削除してからAppStoreで検索してもう一度インストールしてみてください。

 

【スポンサードリンク】

 

・Wi-Fiから現在接続している公衆無線LAN以外の接続先に設定するかWi-Fiを切る。

Wi-Fiがonになっていると、公衆無線LANが勝手に入ってしまうことがあります。

すると画像の読み込みが出来なくなったりそもそも電波がなくなってしまったりするのでWi-Fiは切っておくことをオススメします。

Wi-FiをOFFにするためにはiPhoneの設定からWi-Fiを選択し、OFFにすることが可能です。

 

・iPhoneの通信速度が低速になっていないか確認する

そもそもiPhoneの通信速度が低速になってしまっていると読み込みに時間がかかり、投稿ができない場合もあります。

au、docomo、softbankと通信データ量の確認の仕方がそれぞれ異なるので、一度調べてみるといいかもしれません。

 

〈まとめ〉

今回はインスタグラムで投稿できなくなってしまった場合の解決策をいくつかあげさせていただきました。

理由は様々ありますので、一つずつ試して行ってみてください。

【スポンサードリンク】


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング


おすすめ記事