インスタグラム|フォローリクエストを拒否したら相手にバレる?

最近メディアでも取り上げられたり一般人でも有名になれるチャンスがあるインスタグラムですが、TwitterやFacebook同様非公開表示にして自分が許した相手にしか自分の投稿を見せないようにすることが可能です。

逆に、自分の友達がインスタグラムで非公開設定にしていたら、相手にフォローリクエストをして投稿をみれるようにしてもうら必要があります。

ただ、どうしてもみられたくない相手にフォローリクエストをされてしまうこともありますよね。

今回は、フォローリクエストを拒否したら相手にばれてしまうのかをお伝えしていきます。

 

【スポンサードリンク】

 

〈フォローリクエストって何?〉

そもそもインスタグラムのフォローリクエストについて説明します。

インスタグラムの仕組みとして、フォローしている相手の更新した投稿だけタイムラインで随時確認できるようになっています。

また、ユーザー検索やハッシュタグ検索をしてみつけた投稿も、投稿者が非表示設定にしていない場合は自由に確認することができます。

では、フォローリクエストをする際ですが、これは相手が非表示設定にしていてフォローをしないと写真や動画などを閲覧できない場合に行うものです。

画像のように、訪れた先のユーザーが非表示設定にしていると鍵マークが出ており、投稿した画像や動画を閲覧することはできません。


なので「フォローする」を押すと「リクエスト済み」と表示が変わり相手に通知が行きます。

これで相手が承認を選択すると投稿を確認できるようになります。

 

【スポンサードリンク】

 

〈インスタグラム フォローリクエストを拒否したら相手にバレるのか?〉

次に、フォローリクエストを拒否したら相手にばれてしまうのか調べてみます。

やっぱりいくら友達といえども自分のプライベートな写真や動画はみられたくなかったりする場合ありますよね。

例えば会社の人に見つかってしまった場合など結構プライベートは隠しておきたいものです。

ちなみに、フォローリクエストの拒否はこの際に×を選択するだけです。

結論から言いますと、実際フォローリクエストを拒否しても相手に「拒否されました」と通知が行くことはありません。

ただ、気づかれてしまう可能性は0ではありません。というのもいくら待ってもフォロー数が増えないからです。

フォローリクエストを送った側のフォロー数は、フォローリクエストを送った時点では増えませんが、相手が許可してくれたところでプラスされます。

しかし送ってからしばらくたってもフォロー数が変化しなければ相手が許可してくれていないことに気づきますし、

そうなったらアカウント先にきて確認すると「リクエスト済み」となっていたところが「フォローする」に戻っているので100%気付くと思います。

 

〈まとめ〉

今回はインスタグラムのフォローリクエストを拒否したらばれてしまうかをお伝えしてきました。

通知はいきませんが、全くばれないようにするには難しそうですね。

知らないふりしていればどうにかなるかもですが、「フォローリクエスト送ったんだけど」なんて言われたら気まずいですよね。

予めアカウントを2つ作って置き、1つはプライベート用、もう1つは誰に公開しても良いようなアカウントを作ると良いのかなと思います。

※複数アカウントを作る方法は、この後の関連記事でご紹介していますので、ご参考ください。

関連記事
インスタグラム|複数アカウントの切り替え機能が便利!やり方を解説
インスタグラムの使い方 フォローやアンフォローをする方法

 

【スポンサードリンク】


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング


おすすめ記事